PC環境改善計画 / 第四弾:iMac 2019にメモリを拡張しました(8GB=>40GB)

どーも、ますだです。

PC環境改善計画の第四弾として、先日購入したiMacのメモリを拡張しました。

購入したメモリ:Crucial 32GB kit (16GB x2)

購入したのは、Crutialの32GB kit (16GB x 2)。Amazonでお値段$133。メモリの価格下がりましたねー。

注文から1週間かからずに届きました。

iMac 2019に合うメモリの規格は、260ピンの2666MT/sですのでお間違いのないように。

実装!!

本体裏側、電源ケーブルを差し込む所に、ボタンがあります。ここを押し込むとその上の四角い蓋が外れて、メモリを差し込むスロットが現れます。

蓋の裏には親切に、スロットの開閉手順が書かれていました。

蓋を開けた状態。デフォルトの4GBのメモリが2枚刺さっていました。

ラッチを外した状態。上に跳ね上がってきます。

向きに注意(切り欠きがあるので逆では刺さらないですが)して、メモリをスロットに挿入。

ラッチを戻し、蓋をはめれば完了!!非常に簡単!!

電源を起動し、メモリが増えていることを確認

無事に16GB x2枚が追加されて合計40GBとなりました。

最後に

オーダー時にメモリを増強する場合、8GB => 32GBでなんと+$600かかります。

一方今回、8GB => 40GB の増強で$133 + 作業時間10分以下。作業自体も全く難しいことはなく、私でも簡単に取り付けることができました。$450以上の節約になります。

もちろんメモリの価格は、上がり下がりするのでタイミングにもよる部分もありますが、もしiMac購入されるようであれば、自分でメモリ追加が可能な27インチモデル、かつ注文時のメモリのカスタムは無しで購入されることをお勧めします。

 

ではまた、

ますだ

スポンサーリンク