アメリカ駐在員の生活費を公開します:[2019年6月]

どーも、ますだです。6月も終わり、2019年も半分が終わってしまいました。

2019年6月の生活費をまとめましたので公開します。

日本円で支払っている費用は、$1=105JPYで計算しています。

固定費:$3110 (予算比 93%)

まずは固定費です。予算比で93%となりました。

昨年末から開始したリースの支払いで、今年度も月々$350の出費が入ります。車自体は満足していますが、年間$4,200、中々のコストですね。

今月は光熱費が安く収まった模様。一年で最も良い季節なので。

住居費:$2080

契約更新の案内が届きました。現在の契約は8/31で切れ、更新する場合は$2,100となります。

住替えもしたいと思いつつ、引越し・それに伴う手続き関係の面倒さを考えると二の足を踏んでしまいます。

光熱水費:$230

6月、少しずつ気温が上がってきて昼間に冷房を入れる日も出てきました。電気代が前月より1.5倍ほどまで上がっています。7月8月でどこまで上がるかですね。。

2016年4月からの光熱水費の推移です。

通信費:$130 (前月比 100%)

インターネット+Cable TVの利用料が$100、携帯代が$30です。

私は会社支給の携帯電話のみなので、我が家の携帯代は1台分で済んでいます。また、妻の携帯はSIM FreeのiPhoneに格安SIMを契約し、通話無制限、データ通信2GB/月で月額$30と費用を抑えています。

保険料:$80 (前月比 100%)

私の生命保険料、妻の医療保険料。これも基本変わらない固定費となります。

自動車関連費用:$380 (前月比 106%)

家族が増えたので、昨年末車を買い替えました。正確にはリースですが。毎月$350の出費が加っています。

今月はタイヤの修理費用$30が入り、合計$380となりました。いよいよ来月は、任意保険の支払いが待ってます。。

高い自動車保険料を少しでも安くする方法について記事を書いていますのでよければ参考に。

Defensive Driving Course受講による自動車保険料割引方法について

奨学金返済:$260 (前月比100%)

自分と妻の2人分、毎月奨学金を返済しています。あと10年ほどは掛かるでしょうが、幸い2人とも利子無しの奨学金を借りることが出来ていましたので、焦ることなく気長に返済したいと思っています。

 

変動費:$3920 (生活費$950 + 特別支出$2970)

続いて変動費です。生活に必要な費用とそれ以外の大きな出費をここで計上しています。

生活費$950、特別経費として$2970を計上。生活費は今月も予算より低く抑えることができましたが、新しくデスクトップPCを購入しましたので、特別支出で大きく出費が出ています。

食費:$560 (予算比160%)

主にスーパーで購入する食材に関する費用です。

予算比160%と予算を大きくオーバーしてしました。4月、5月は2ヶ月連続で予算内に収めることが出来ていましたが、今月は大きく予算をオーバー。これだけ大きく外す理由が今ひとつはっきり見えていないので、来月も注視したいと思います。

昼食:$100(予算比 100%)

基本お昼はお弁当を作って貰っているので、内訳としては週末の外出時のランチ代が主です。

今月は$100で予算ぴったりの結果となりました。出張が2度ありましたが、予算内になんとか収めることができました。食費の方で越えるのがわかっていたので、こちらはなんとか死守できました。

外食:$70 (予算比 47%)

普段は自宅で食べることが多いですが、たまの外食で掛かった費用をここで計上しています。

出張があった割に、今月も$70と少なく収めることができました。7月も出張が多く予定されているのですが、予算内に収まるよう計画的に行きたいと思います。

2016年4月からの食費の推移グラフです。これまでの推移と比較しても、やはり今月は多い方だったようです。来月のリカバリー頑張ります。

日用品:$90 (予算比60%)

ティッシュ・トイレットペーパーなどの衛生用品、シャンプー・ボディソープなどの洗面用品、その他ざっくり言って「ホームセンターで買うような物」を日用品として計上しています。特にアメリカに来てからはまとめ買いすることが多いので、月間のバラつきが大きいようですが、今月も予算内で収まりました。

ガソリン/交通費:$100 (予算比 100%)

ガソリン代、電車代、高速代、その他移動に関する費用をここで計上しています(ただし旅行の費用は、別途特別支出で計上)。

今月は給油4回分($25x4)で予算ピッタリに収まりました。

日用品・ガソリン/交通費の推移データです。2016年5月は、赴任直後で日用品の買い揃えに出費が嵩んだため、また2018年1月は一時帰国時の国内移動に関する出費のため、飛びぬけています。

美容・健康:$20 (予算比 40%)

散髪・妻の美容院・化粧品・薬・病院関係の費用を計上しています。

今月は医療費で$20の出費。この出費も出ると一気にドカンと来るので(妻の美容院代など)、年間の月平均で予算ミートできるよう、プールしておく必要有りです。

交際費:$10 (予算比 33%)

プレゼント、飲み会等をこの項目で計上しています。

被服費:$0 (予算比 0%)

洋服、靴、その他衣服関係をこの項目で計上しています。前月同様、服は買いませんでしたので、出費はゼロでした。

特別支出:$2970 (予算比 297%)

上記生活費以外に掛かった費用をここで計上しています。

別記事で書いた通り、iMac 2019を購入したため、大きな出費になってます。その他、子供の誕生祝い等計上しています。特別支出-その他の項目での出費合計が今年既に$5,000を突破しました。予算は$500/月の$6,000/年なので、第一四半期だけで、8割以上予算を食い潰した形になっています。。

最後に

昨年4月より家計の見直しをかねて、家計の公開レビューを開始し、15ヶ月目の6月分、集計・レビューしました。

今期からは、各項目(特に生活費)は設定した予算に対してどうか、という点にフォーカスしてレビューしています。

先にも書いた通り、特別支出がやばいことになってます。生活費は抑えられているので、そこで多少なりカバーはできているようにも思いますが、逆に言うと生活費をコツコツ節約しても、特別支出でドカンと使ってしまっているので、節約した分の頑張りが吹っ飛んでしまっているとも言えなくは無いです。。

 

ではまた、

ますだ

スポンサーリンク