アメリカ駐在員の生活費を公開します:[2020年4月]

06/16/2020

どーも、ますだです。

4月の生活費をまとめましたので、公開します。

日本円で支払っている費用は、$1=105JPYで計算しています。

固定費:$3250(予算比 91%)

まずは固定費です。予算比で91%となりました。特に通常の出費以外はなく、予算内に収まっています。

住居費:$2110

昨年9月から家賃が$2110に上がりました。会社負担となるので、実際の自己負担額に変わりはありません。

光熱水費:$200

電気代が前月比67%と大きく下がりました。電気代は本当に安定しません。ガス・水道は例月並みですね。

2016年4月からの光熱水費の推移です。

通信費:$140

インターネット+Cable TVの利用料が$110、携帯代が$30です。前述の通り、インターネット+Cable TVの利用料が$10上がりました。昨年も$10上がったので、最初の利用料金から$20/月上がったことになります。乗換えを考えていますが、腰が重く未だ動けていません。。

私は会社支給の携帯電話のみなので、我が家の携帯代は1台分で済んでいます。また、妻の携帯はSIM FreeのiPhoneに格安SIMを契約し、通話無制限、データ通信2GB/月で月額$30と費用を抑えています。

保険料:$80

私の生命保険料、妻の医療保険料。これも基本変わらない固定費となります。

自動車関連費用:$350

車のリース代$350のみと例月通りの出費でした。特に問題ありません。

高い自動車保険料を少しでも安くする方法について記事を書いていますのでよければ参考に。

Defensive Driving Course受講による自動車保険料割引方法について

クレジットカード年会費:$0

今月の出費はありませんでした。

奨学金返済:$260 (前月比100%)

自分と妻の2人分、毎月奨学金を返済しています。あと10年ほどは掛かるでしょうが、幸い2人とも利子無しの奨学金を借りることが出来ていましたので、焦ることなく気長に返済したいと思っています。

変動費:$670 (生活費$670 + 特別支出$0)

続いて変動費です。生活に必要な費用とそれ以外の大きな出費をここで計上しています。

生活費$670を計上、特別支出は無しとなりました。

食費:$300 (予算比75%)

主にスーパーで購入する食材に関する費用です。買い物に行く回数も少なく、出費もかなり少なかったです。

昼食:$20(予算比 20%)

やはりCOVID-19の影響で、ほぼ毎日家でお昼も食べました。ハンバーガーを1度テイクアウトしただけでした。

外食:$110 (予算比 73%)

昼食と同じ理由で、こちらも予算内に収めることができました。近所のレストランのテイクアウトを2度利用しました。

2016年4月からの食費の推移グラフです。昼食と外食分で少しはカバーしましたが、食材費が大きすぎで、食費全体でも予算オーバーとなりました。

日用品:$30 (予算比20%)

ティッシュ・トイレットペーパーなどの衛生用品、シャンプー・ボディソープなどの洗面用品、その他ざっくり言って「ホームセンターで買うような物」を日用品として計上しています。

今月はほとんど出費なく、予算を大きく下回りました。

ガソリン/交通費:$0 (予算比0%)

ガソリン代、電車代、高速代、その他移動に関する費用をここで計上しています(ただし旅行の費用は、別途特別支出で計上)。基本は主にガソリン代です。

COVID-19による引きこもり生活のため今月の出費は初めて0となりました。

日用品・ガソリン/交通費の推移データです。日用品が高かった分を若干ガソリン代でカバーしましたが、合計では予算超えたようです。ガソリン価格がやや下がっているので、少し助かったような感じですかね。

美容・健康:$0 (予算比 0%)

散髪・妻の美容院・化粧品・薬・病院関係の費用を計上しています。

今月の出費はありませんでした。

交際費:$0 (予算比 0%)

プレゼント、飲み会等をこの項目で計上しています。

今月は出費なしでした。

被服費:$0 (予算比 0%)

洋服、靴、その他衣服関係をこの項目で計上しています。

今月の出費はありませんでした。

特別支出:$0 (予算比 0%)

上記生活費以外に掛かった費用をここで計上しています。

今月の出費はありませんでした。

最後に

2018年4月より家計の見直しをかねて、家計の公開レビューを開始し、25ヶ月目の2020年4月分、集計・振り返り完了しました。

4月から新生活が始まりましたが、世はコロナ一色で、在宅勤務も続いています。いつ沈静化するのか、先の見えない生活が続きます。皆さんも気をつけてお過ごしください。

 

ではまた、

ますだ

スポンサーリンク